2015年10月31日土曜日

気付けなかった親切心

 軽井沢に転居してきたばかりの頃の話です。知り合いや友人が全くいなかったので、知り合いを作る為にと隣組(町内会)に加入しました。
 同じ隣組の80代の男性がごみの出し方や回覧板の回し方、班長の輪番について細かく教えてくれたり、道路の草刈りや落ち葉掃きなど声を掛けてくれました。
 声を掛けてもらったり注意をされた時は正直、(細かくてうるさい人だ)と思っていました。
 しかし、その方が病気になられ、外に出られなくなり、入院がちとなってしまい、お会いすることができなくなってしまい寂しさを感じました。
 何も分からない我が家の為に親切で言ってくれたことを「うるさい」と思っていたことを今はとても後悔しています。
 親切を受けていることに気付かず、日々過ごしていることがある。それは、自分が周りの方々に対して親切心を持っていないということです。
 この経験を活かして、今後は親切心を心がけるよう努めていきたいと思います。