2016年4月30日土曜日

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ご案内中の出来事、別荘地内を車で走っていると、ど真ん中に道を塞いでしまっている車が一台
何事かと思い、車を降りるとバッテリーがあがってしまってエンジンが始動できず立ち往生しておりました。
こちらもご案内中のお客様を乗せているので、なんとかしなければと思い焦っていると、
お客様が「私が手伝いましょう」と心強いお言葉を発しながら車を降りてきて下さいました。
お客様は丁度、車関係に詳しい方でボンネットを開けバッテリーが上がった車をいじり始めました。
すると1分ほどでエンジンが再スタート!!? 原因を聞くとバッテリーではなくセルのかみ合わせが
悪かったみたいで、セルを調整して直ってしまったのです。

私もどうする事も出来ず、お客様がいなければ車は止まったまま、車を立ち往生させてしまった方も
喜びと感謝をあらわにしており、何回も何回も「ありがとうございます。」とおっしゃっておりました。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」ということわざがピッタリ当てはまるお客様でどれだけ偉くとも
親切心を忘れない、心打たれた出来事でした。

常に初心を忘れない、相手を自分に置き換える事を意識=親切心かなと思います。