2016年4月9日土曜日

心がグッとくる一言!

 先日のお取引のお話。
 この度、軽井沢に別荘をご購入いただいた方は、御年85歳の素敵なおばあさま。
 「ようやく、夢が叶いました」と一言。
 その言葉を聞いた時、胸が熱くなり、涙が出そうになりました。

 軽井沢は緑豊かな静養地として人々を魅了する町、そこには老若男女、人それぞれの想いがあります。

 いつか軽井沢に別荘を持ちたいと憧れ続けていた想い。
 いくつになっても夢をあきらめないということと、夢を持ち続ける事の大切さを痛感しました。

 ご家族も購入前の見学にはご同行。皆様笑顔で「母、祖母がきめることですから」と想いをしっていたようです。

 私共も軽井沢の不動産(別荘)を売りたい方と買いたい方の仲介だけでなく、そこにある様々なドラマや思い出、そして夢や想いを橋渡しする仲人役として身の引き締まる一言でした。

 軽井沢でご静養されて、どうか、いつまでもいつまでもお元気でいてくださいね。