2019年11月30日土曜日

インフルエンザの流行が例年より早まる

全国的に寒い日が続いており、軽井沢の気温も朝晩は氷点下の日が続いています。
街やお店でもマスクを着用している人が目立つようになってきました。
やはりこの時期に気を付けなくてはならないのがインフルエンザだと思います。
インフルエンザ流行は例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり、1月下旬から2月上旬にピークを迎え、3月まで続くそうです。
今年はビッグイベントのラグビーワールドカップにより、人々の往来が多かった事もあり、例年より早まっているそうです。先日はインフルエンザ対策のゾフルーザが効かないというニュースもあり心配ですよね。
そうなると日常生活の中でインフルエンザを予防する事が大切だと思います。
普段から栄養と睡眠をしっかり取って、抵抗力を高めたり、外出から戻ったら手洗いやうがいをするなどする事がシンプルで、最も効果的なのかもしれません。
良い年末、年始を過ごせるように日々体調管理には気を付けたいです。

2019年11月22日金曜日

横断歩道を渡る子供達

移住を検討しているお客様が長野県を好きになるエピソードをお伝えします。

長野県では信号機のない横断歩道を渡る子供達は、必ず止まってくれた車のドライバーにお辞儀をしてから渡ります。
そして横断歩道を渡り終わった後、振り返ってまたお辞儀をしてから歩き出します。
時には大きな声でありがとうございます!とお礼を言う子供も。
近所の小学生は朝、道ですれ違う時は必ずおはようございますと言います。
知らない人にでも自然に挨拶ができるのです。
挨拶や感謝の気持ちを伝えることが自然にできる子供達。
移住をしてきた時、えらいなぁ。と感心しました。
同じことを感じた大人達がこの町にはたくさんいるはずです。
そんな子供達を毎日見ているからか信号機のない横断歩道で立っているとかなりの確率で車が止まってくれます。
では子供達は誰から教わったのかということなのですが、幼稚園や学校の先生、親や兄弟、地域の人からなんだと思われます。
子供を見守る大人たちも子供の頃にそう教えられてきているからなんですね。
親切心というか、交通ルールだから当たり前、、、と思われるかもしれませんが、
横断歩道でお辞儀をする子供を見かけた時のほっこりする気持ちを
ぜひ長野に遊びに来られた時に感じて頂きたいとと思います。

この先もずっと続いていくであろう地域の教育と文化を大切に子供達に受け継いでいきたいです。

↓ 以下産経ニュースより

日本自動車連盟(JAF)が行った全国調査で、信号機のない横断歩道での車の一時停止率が長野県は58・6%と、調査を始めた平成28年以来、3年連続で都道府県別全国トップだった。全国平均は8・6%で、長野のドライバーのマナーの良さを浮き彫りにしている。


 

2019年10月14日月曜日

台風19号と軽井沢の今(○`・Д・´)9

皆様、こんにちは!

先日の台風19号は本当に大変でしたね...
今回は、台風19号と軽井沢の今として皆様にご報告致します!

全国的に被害が大きかった、この台風19号により軽井沢でも
12日時点で主要道路の多くが冠水、通行止めとなり、
暴風、雨、倒木により停電が殆どのエリアで発生しました。

皆様もご存知の通り、新幹線も運休となってしまい
過去、例を見ないぐらいの被害となってしまいました。

13日時点では、天気こそ回復したものの、
その爪痕は大きく、一部エリアで水が引かず通行止めが続き
停電も回復しませんでした。

様々な方の尽力有って
14日時点では軽井沢町内の主要道路は殆どが通行規制が外れ
電気も一部復旧していない地域はございますが凡そ、復旧致しました。
一刻も早く未だ停電しているエリアの復旧をお願いします!

中部電力さん頑張ってください!!!

高速道路に関しては今もな、渋滞や交通規制が続いております。
新幹線は、ダイヤこそ通常通りではないですが、軽井沢までなら
運行は再開しております。
運行状況は、その日の朝に発表されているようですので、
確認の際はJR各駅に問い合わせてみて下さい。

一日も早い完全復旧が望まれます。

我々も、微力ながらできる事を行い、いつもの軽井沢を楽しんで頂けるように
尽力していきます。

一団となって頑張っていきましょう!!!\\٩( 'ω' )و ///


2019年9月22日日曜日

日常で起こった小さな親切心


こんにちわ。軽井沢は徐々に肌寒くなってきております。皆さんも季節の変わり目には風邪を引かないように気を付けてくださいね。
さて、これは私が出勤する際に起きた出来事です。いつものように会社に出勤するために、歩道を歩いていると、大きなキャリーバックを引いて、たくさんのお土産を抱えていた中国系観光客が私の前をよたよたと歩いていました。横断歩道に差し掛かり、半分くらいまで渡っていた時に、あ!後ろの荷物が落ちると思った瞬間、サッとスーツ姿の男性が近寄り、荷物をナイスキャッチ。その後、その男性は横断歩道を渡り切るまで、荷物を運んでいた姿がありました。男性が立ち去る際に、観光客が笑顔で「シェイシェイ」と一言。それを見て、心温まる瞬間を目撃したなーと思いました。その日は一日、なんだが、幸せな気分で仕事ができたと思います。私も人に親切に接し、おもてなし心を大事にし、お客様が笑顔になるような働きがけをしていきたいです。

2019年8月17日土曜日

~本当の親切心~


ご案内中にお客様から聞いた心温まるエピソードです。

軽井沢にあるスーパーデリシアへ子供達に御遣いを頼んだそうです。
別荘からは自転車で約10分の道のり。子供たちには1万円を渡し自分たちのおやつも良いよ。と見送り、喜んで出かけたそうですが、約20分したら帰って来たそうです。早すぎる帰宅に問いかえると「財布を落とした。」と半べそ状態、、、半分諦め状態で、軽井沢駅の交番で半べそで相談をするなり、「現金? 今から1時間以内? 財布の色は? たたみ方は? 」って細かく聞かれたそうです。おまわりさんが私の顔をじっと見て「・・・・親切な人がいて 良かったですね。はい、届いてますよ。もう落とさないように。」拾い主さんは『きっと困ってこちらに来ると思うので、渡してあげてくださいね。』って言ってたそうで、お礼の菓子折りを持って行ったら、「困ったときはお互い様なのよ。」と嬉しそうに話して
くれたそうです。


とても心温まるエピソードですね!お客様のお子さんたちも拾った立場になったら、同じ行動を取り教科書には載っていない教育になったのでは無いかなと思ったエピソードでした。

2019年7月16日火曜日

小さな子ども


先日、ご案内のお客様はご夫婦と1歳になったばかりの女の子を連れてのご見学でした。
小さな子どもがいっしょだと大変なことがたくさんあります。

おむつに食事、ねむかったり、機嫌がわるかったり。
何も無いことの方がむしろ奇跡ですよね。

先日、3連休中ご夫婦が1歳になったばかりの女の子を連れてのご見学がありました。
多分軽井沢に来るだけでも朝から大変だったはず。
東京からの渋滞路にはまり、ご予定頂いておりました来店時間にも遅れてしまうというご連絡があり、できるだけお客様のストレスの無いように、別の場所にお待ち合わせを設定させて頂き、時間のロスを取り戻すことができました。
3連休の中日ということで軽井沢町内はいたるところに大渋滞が発生。ルートを工夫してなるべく渋滞にはまらないよう気を配りながらのご案内でしたが、やはり予定時間はかなり押してしまいました。しかし案内中に、私自身、今2歳半の娘がいることを伝えると、ご夫婦もほっとされたご様子で、ご案内の最中にも、子どもさんの食事時間を挟んだり、おむつ替えなどおこなって頂き、ご見学希望の物件をほぼ全て見て頂くことができました。

以前から小さなお子さん連れのお客様にも安心してご見学頂けるよう、店舗の環境も改善していければと思っておりましたが、自分に子どもができて初めて気づくことも多いなあと改めて思いました。例えばトイレにおむつを交換できる台を設置したり、授乳できる設備があればもっと安心してご来店できるのではと思います。こどもにやさしいお店は私もまた来たいと思うことがよくあります。今回のことも、ホスピタリティの精神を見つめ直すよい機会になったと思いました。




2019年7月14日日曜日

観光地ならではの親切心❤

 こんにちは。
 あいにくのお天気が続いていますね。
 それでも、3連休の軽井沢は混雑してます。

 さて、お天気の良かった先日。

 業務柄、駅に行くことが多いのですが、駅を出たところで観光客の方が写真撮影をしていることがよくあります。

 先日も私の前をそんなご家族の方が歩いていました。
 4人家族だったので、お父さんがカメラマンになってしきりに家族の写真を撮っていたのですが、そんな様子を見て、私の近くにいた運送業の方が自分の持っていた荷物を地面に下ろして、「皆さんで撮りましょうか?」と言って家族写真を撮ってあげていました。


 たしかに、家族旅行に行っても家族全員では写真に写ってないってことがよくあります。
 私も(頼まれたら撮ってあげよう)くらいには思っていましたが、この方の行動力と親切心に驚き、
感動しました。
 内心思っていても、行動に移せることってなかなかできません。
 撮ってもらった家族の方たちもとても喜んでいました。
 まさしく観光地ならではの親切心だと思います。ささやかなことですが、一生の思い出に残ることだと思いました。

 私も、思うだけではなくこのようにとっさに行動できるようにならなければいけないなと反省しました。